ランスシリーズ ランス・クエスト

ランス・クエスト 延長戦120 逃げパしか勝たん

  
  

投稿日:2022年3月11日


 
 

先日、ランス10発売から4周年だったらしい。
めでたく素晴らしいことだけど、やっぱり少し寂しいな。でも寂しく思えることが幸せなのかもしれない。それだけ思い出として輝いているってことだ。

このブログ及び日記はランスロスを引きずり続けて今日に至っているわけだが、さすがにそろそろ……。
……とか言いつつ、地味に続いている。いつまで保つかはわからないが、まだしばらくはよろしく。
 
 
 

関連記事
ランス・クエスト 延長戦001 オールスターでエピローグ
戦国ランス プレイ日記001 舞台はJAPANへと

 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

クエストもりもり

シナジーのないパーティ

 

 
 

 
 

パーティ二人固定な『恋人仙人』を引き続き攻略中。
エネミーにハニーが出てくるのが憎いッ……!
ハニー相手にはもちろん志津香は無力だし、かといってランスは【武器攻撃1】しか使えないんだぜ? 一撃で削り切れないのもイヤ~な感じ。

しかもハニーの攻撃がなかなか痛く、後衛の志津香が一発でHP半分を持っていかれた。
ヤッベヤッベ! ハニーフラッシュは後ろにも飛んでくるので困る。

 
 
 
 

 
 

途中で“回復の泉”が設置されていたためなんとか持ち直せたが、長時間の活動は無理だと悟る。
そういえば前回の『エロテク仙人』も、後衛にまで高火力攻撃が飛んでくるのがなかなかキツかったっけ……。

ワールド2ではギリギリ「苦労する」くらいで済んでいるけど、ワールド3ではもっと厳しい戦いを強いられるかもしれない。
工夫あるいは強化が必要になってくるだろうなぁ。憶えておこう。忘れそうだが。

 
 
 
 

 
 

さしあたり『恋人仙人』はゴールに到着さえしてしまえばオーケー。
ルートメモ! 右下→右下→右上、だッ!!

今度挑む時には、ハニー対策に【ハニーグッズ】を装備させてきたほうがよさそう。
あとは回復手段として【世色癌】装備もいいか。

 
 
 
 

長男の持病

 

 
 

 
 

寄り道しつつ、マグナムなストーリーもコツコツと前に進んでいく。
クエスト『漆黒の王女』では“進撃の詰み手”と二回目の対決だ。今回の相手はモブを引き連れたパルオット。ブルー担当クールガイ。

複数人を攻撃できるユニットも揃え、とりあえず挑んでみたが……結果としては余裕だった。
得られる経験値もしょっぱい。

 
 
 
 

 
 

 
 

ゴール地点ではビリビリしている長男を救出しておこう。
封印エンドは後味が悪いからね……。
あと長男の生存は色々なクエストの条件にもなっているので、なんだかんだで必須の措置でもある。
パルオットの生死と合わせて、意外と今後への影響が多いクエストだ。やり直す度にフラグがグチャグチャになると思うと、できれば何度も挑みたくはない。

 
 
 
 

 
 

名声欲しさに、長男相手に三男をけしかける図。これが教育……。
ダークランスの戦闘グラフィックをよく見ると、ちょっと真剣で暗い顔をしているようにも思える。憎きオヤジを目の前にしてピリピリしているのか、もしくはアムちゃんの影響で汚染が進んでいるせいだろうか?

洗脳から完全に解放されるのは、妹との触れ合いの日を待つしかない。救いはある。
厨二病の治療に関しては……残念ながら……。

 
 
 
 

 
 

 
 

噂をすればアムちゃん御本人も登場!
続いて解放されたクエスト『導く者のリーダー』にて、マグナムラスボスの姿がついにお目見えとなる。シナリオオンリーだからサクッと済んだ。
直接対決の時はまだ先になるだろうが、ワールド2自体はそろそろ終盤が近いのかもしれないな。
ああでも、その前にクルックーが法王に就任しなきゃだっけ。ムーラテストマダー?

 
 
 
 

逃げるが勝ち

 

 
 

 
 

続いてまたもメイン系。『司教の罠』はクルックー編成必須のクエストだが、途中で編成変更は可能なので、必要なのはクエスト開幕時のみとなる。
ダンジョンとしても意外と道のりが長く、特に最初のマップはルートが分かりづらい。
宝箱や赤トゲも回収しておきたいし……とウロウロしていたら攻略にもそれなりに時間がかかった。

 
 
 
 

 
 

 
 

最後のマップに侵入したところで魔法NG区域に突入。
ソーサラーの全体魔法はもちろん、ヒーラーの回復も一部自動回復を除いて期待できなくなってしまう。
こういう面倒くさい時は『逃げる』、あるいは『リラックス』に限るッ!
念のためにガードも加えた逃げパでさっさと切り抜けることにしよう。
きゃんきゃんや宝箱だんごが出現したらイヤだな……。でもこういう時に出がち。

 
 
 
 

 
 

最後はボスであるゴブリンと対決。
未サーチだ! ……ああでも、【弱点サーチ】はそもそも魔法だから使えねぇ! こういうのモヤモヤするぜぇ~~!!

魔法扱いではないサーチ方法って無かったっけ……。
えーと……オノハ? オノハがそういうスキルを持ってなかったか?

 
 
 
 

 
 

 
 

クルックーとの心の距離がちょっと近付いて良い雰囲気になったりなどして、『司教の罠』も無事にクリア。
続いて『マリアのお見合い』が出現したが、難易度的には『マルグリッド迷宮8層』及び『9層』のほうが低いようので、まずはそちらから挑むとしよう。

8層と9層か……。そろそろポピンズゾーンだな。
ポピンズゾーンは雷弱点の機械エネミーだらけなのはわかりやすくて楽だけど、ギミックが若干面倒くさい。
8層・9層・10層って三つともギミック面倒じゃね?
マグナム終盤のレベル上げで籠りたい時なんかにはややストレス。

 
 
 
 

ポピンズとの死闘開幕

 

 
 

ボヤいても仕方がないので、まずは『マルグリッド迷宮8層』にGO!
侵入して早々、戦闘終了後にポピンズたちの砲撃を喰らう。ダメージが痛い以上に、毎回ミニイベントが挟まれるせいでテンポがクソ悪くなるのが許せねぇ……。

まともに耐えていたらゴールに辿り着くより先にワイの脳ミソが焼き切れてしまうかもしれん。
まずはポピンズの砲撃を止める! 連中を駆逐するッ! 地の果てまでッッ!!

 
 
 
 

 
 

早くも逃げパ再登板。『逃げる』『リラックス』乱打でポピンズの元まで辿り着き、中ボスのような器兵トーチカとバトルする。
これで砲撃イベントは停止できた。安心して移動と探索を……ってのもダルいくらいには気疲れしたので、さっさとクリアしてしまった。
名声も回収したし、二度とこんな階層には来ねぇからな! ペッ!!

 
 
 
 

 
 

道中では数少ない戦果、先日寄付したばかりの【リアの鞭】を再発見。
付与された新効果は……カラー特攻か。
微妙なので再放出。
なおゴールは特に決めていない。


 
 
次回>>「延長戦121 完全に忘れていた死合い


 
 
  
  

-ランスシリーズ, ランス・クエスト
-,

  関連トピックス


 comment
  • おもろうてやがて名無し より: 2022/03/24(木) 3:12 AM
    ランスシリーズは綺麗に終われて大団円だったかもですが、やっぱりどこかが不完全燃焼な気がします
    エールくんちゃん達と父・ランスの絡みとかもっとあっても良かったと思います
    ランスが6〜戦国にかけて人間的に大きく成長を遂げて人柄に変化があったように、
    ひと様の娘さんにちょっかい出してきたランスが
    今度は出される立場となってまた変わっていくランスというのも個人的には見たかったですね

Message

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP