FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント 水怪クライシス プレイ日記02 日替わり仲間と島開拓

  
  

投稿日:2022年4月11日


 
 

開拓選択肢や分岐パートなどなど、多くのサーヴァントが入れ代わり立ち代わり登場していく今回のシナリオ。
人数が多いだけあって個別の尺としてはさほど長くないけど、雑に「登場するだけ」ということもなく、それぞれ彼ららしさが窺える良い登場の仕方になっていると思う。
キャラクターひとりひとりの扱いが丁寧な感じがして好印象だ。ちょっと珍しいキャラが出てくるのも嬉しい。
 
 
 

関連記事
FGOイベント バトル・イン・ニューヨーク2022 プレイ日記01 大宇宙冒険野郎と予想外すぎる客
FGO第二部 Lostbelt No.6 プレイ日記01 妖精國と予言の歌

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

コンを守る戦い

カメの上の世界

 

 
 

 
 

徴姉妹に案内してもらった水上村にて、この島の“本体”でもあるという長老と知り合う。
喋るカメといえば卑弥呼の弟クンを思い出さずにはいられないが、外観がカメだという点が共通しているだけで特に関係はなさそうだ。卑弥呼姉弟好きとしてはちょっと残念。

しかし、カメの背中にある島か……。神話っぽい舞台だ。
数か月前にぬんのすな島で四苦八苦した記憶も新しく、な~んか不安にならないでもないが、“本体”な長老の言葉を信じるのなら島として扱われていることに悪感情の類はないのだろうし、大丈夫……かな……?
レイシフト直後にダヴィンチちゃんが語っていた「座標がわからない」問題も、浮かぶカメが海流に流されて移動し続けるのが原因だったりするのかもしれない。
……いや、やっぱり他にも理由はあるかな。星すら見えず、島がカメだという情報を加えても未だに詳細不明ってのは、やはり奇妙だ。

 
 
 
 

 
 

そんな長老を加えての現状確認。事前に徴姉妹から聞いていた情報を更に詳しく補足してもらう。
長老によると、コンを襲って喰らう怪物たちは「少し前から、海の向こう霧の向こうから現れるようになった」という。
一方のコンたち自身は、怪物出現よりも昔から「いつしか、ワシの上に生えるようになった」とのこと。

特異点として成立したタイミングがはっきりわかっているわけではないが、時系列を考えると原因はコンではなく怪物の側にあると考えてよさそうか?
“はぐれ”である徴姉妹もコンの絶滅寸前になって現界したようだし。

 
 
 
 

 
 

 
 

まだまだ謎の多い土地だけど、無邪気で可愛らしいコンたちを守るために戦うという姿勢に異論はない。
徴姉妹たちと協力して怪物から島を取り戻すぞ!

そんな方針も定まってきたところで、ダヴィンチちゃんから嬉しい追加ニュースが。
交代で援軍が来るだと……? そんなのアリ!?
日替わりゲストレベルの出番と尺かもしれないが、初期メン以外のサーヴァントも登場して開拓を手伝ってくれるのならば非常に頼もしい。誰が来てくれるのかな~とワクワクドキドキせずにはいられない。
やはり事前に特攻枠として発表されていたセミラミスやモルガンが増援ポジションだろうか?
現地で出会う“はぐれ”枠かも……と思っていただけに、身内なカルデア所属の彼女たちが出てきてくれるのだとすると、ものすごく嬉しいなぁ。

 
 
 
 

天草興業臨時出張

 

 
 

……ということで、援軍第一陣はまさにその人。
セミラミス様ーッ!!
『村を広げる』『建築』という話題になった時点で正直期待はしていた!!

とはいえ天草興業呼ばわりはあくまでもマテリアルでの小ネタ。
こんな用件で僻地に呼び出したうえ建築作業の手伝いを依頼するなんて、そりゃセミラミスも怒る。青筋がビキってる音が聞こえてきそうな顔色だぜ。

サーヴァントとはいえ威厳を失わず、微笑みながら凄んで覚悟を問うてくる姿がセミ様らしくて美し格好いい……。
でも好意的に想う相手には結局甘めの対応になっちゃうとこも可愛い……。
ふーやーちゃんといい、今回は各女帝のカワイカッコイイとこ詰め合わせ祭か? サイコーかよ。

 
 
 
 

 
 

 
 

そんなこんなで、セミラミス様が一晩(以下)でやってくれました。
プレイヤーはセミ様の艶やかなヘルメット姿に目を奪われ、背景に家屋が増えたことに気付かない。

 
 
 
 

 
 

 
 

監督役として指揮したのはセミラミスだが、建築作業を実際に担ったのはコンたち自身。
意外と器用だという話は聞いていたが、これまた想像以上の仕事っぷりだ。あの短い手足でどうやって細かい作業を……?
追加援軍なセミラミスとも、コンたちはなかなか良い関係性を築けている様子で微笑ましい。
安月給で働かされている? うんうん、それも女帝だよね。

この場面で少し引っかかったのは、セミラミスの使い魔の鳩がコンの頭を啄んでいたらしい……という話。
調教されているはずの鳩の悪戯について、セミラミスが「よほど美味く見えたのであろうか?」と語っていたのが気になる。
この場ではサラッと流されて終わってしまったけど、な~んか後の展開に繋がってきそうだよなぁ。後味の悪い結末は避けたいところだが。

 
 
 
 

様々な水怪

和装の怪

 

 
 

 
 

本拠地の強化も終わったところで、いよいよ近隣地域の奪還作戦が始まった。
最初に攻略を狙うのは村から近い沼っぽい地帯。徴姉妹によると「コンの攻撃が通じない」「自己強化を行う」「和装の水怪」が巣食っているエリアになるらしい。

多少のエネミー相手ならサーヴァントの敵ではないだろうけど、肝心なトドメをコンたち自身に行わせねばならないってのが厄介な縛りだ。
敵の復活を防げるうえコンの救出にも繋がるというのは良いことづくめなのではあるものの、そもそもの理屈がわからないままなのが不安にも感じる。
コン自身の習性であって、特に意味はなかったり……なんてことは無いよなぁ。

 
 
 
 

 
 

……と、ここで更に追加メンバー。
和装の水怪対策にと、駆け付けてくれたのは弁慶胤舜
まさかのダブル坊主じゃないか!!

てっきり追加の援軍はイベント特攻女性陣なのだろうと思い込んでいたので、これはとても嬉しいサプライズ。
こんな感じでカルデア援軍が入れ代わり立ち代わり特異点に来て手伝ってくれることになるのだろうか?
特に前情報なかったダブル坊主が来てくれたとなると、今後も意外な日替わりゲスト登場に期待できそう。

 
 
 
 

 
 

 
 

しかもフレーバー程度の参加ではなく、敵の正体を看破したり戦法を考えてくれたりと二人とも大活躍!
それぞれの持ち味と強みも生かされている。格好いい! 格好いいぞ弁慶! そして胤舜殿!!

ダブルハゲの予想外の活躍っぷりにアガりっぱなし。
思っていた以上に大人数での特異点攻略のようだし、マジで夏イベ特異点レベルに規模が大きい事案になりそうな気がする。
水怪云々、コン云々はさておいて、単純にワクワクしてきた。


 
 
次回>>「プレイ日記03 無垢なるものに持たせた武器


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP